業務用QR接続サービス 実店舗へのマーケティングプランプラン
お問い合わせ機能メール配信機能予約機能アンケート機能リンク機能お友達に紹介機能
 
新規 制作登録

新規制作をされる場合はこちら

開設準備をする サービスの差別化を図る 「信頼」と「満足」 最新情報を発信 個人情報の取り扱いについて

■ 開設準備をする ■

1.「実店舗へのマーケティングプラン」とネットショップの違い

「実店舗へのマーケティングプラン」の目的は、ケータイサイトで実店舗の魅力をPRし、 実店舗への来店を促すことにあります。「せっかくサイトを開設するのなら、 サイト上で通信販売もしたい」と思われる方も少なくないでしょうが、 この「実店舗へのマーケティングプラン」は、通信販売が目的のサイトを開設することではありません。 冒頭で述べましたように、あくまでも実店舗への来店促進を図る「ケータイ集客サイト」を開設するプランなのです。

PC用ケータイ用を問わずネットショップは星の数ほどありますが、その中には実店舗を構えている場合が少なくありません。 今や、実店舗とネットショップの“2足のわらじ”は当たり前となりましたが、全てが成功しているわけではありません。 多くのネットショップは期待したほどの成果が上がらず、生まれては消えているのが現実です。

実店舗とネットショップの2本立ては、メリットもありますがデメリットもあります。 「実店舗へのマーケティングプラン」では、実店舗の経営に専念していただくようにと、 サイトでは集客力のアップのみに的を絞りました。クライアント様には、この点を十分ご説明してください。

2.実店舗の「ケータイ集客サイト」の基本

「実店舗へのマーケティングプラン」によるケータイサイトの開設に当たっては、 ただ漫然と開設したのでは、期待したほどの効果は上げられません。お客様を実店舗へ誘導するには、 それなりの“仕掛け”が必要です。

最も効果的なのは、ケータイメールの活用です。メールクーポンなどのお得情報メールは、 よりダイレクトに来店を促すことができます。

ケータイメールについては、 「メール会員獲得のポイント」及び「ケータイマーケティング」の項に詳述していますので省略し、 ここではサイトのコンテンツについて説明します。

通信販売が目的のサイトではありませんが、実店舗で扱っている商品などの紹介は不可欠です。 品質やサイズ、色合いなどは実店舗で確認できますから、ネットショップほど詳細に説明しなくても大丈夫でしょう。 ただ、飲食店の場合は画像の品質が重要で、食欲をそそる鮮明な高品質画像が求められます。

実店舗への来店を促すインセンティブとなるテーマは、お店の最新情報や商品・サービスの詳細情報はもとより、 以下のようなテーマが考えられます。「活用事例」と併せて参考にしてください。
●新商品情報や旬の食材情報
●イベントやキャンペーン情報
●プレゼントなどのお得情報
●季節や期間限定の情報
●お店周辺の観光情報
●ランチメニューなどのタイムリー情報…etc

3.「ケータイ予約」でサービスの差別化を

実店舗の来店促進を狙ったケータイサイトはたくさんあります。 その中には、同じような商品・サービスを扱っているお店のサイトも少なくないでしょう。 激しい競争の中、サイトにアクセスしてもらい、最終的に実店舗に来店してもらうには、 類似サイトとのサービスの差別化が必要です。

サービスの差別化に威力を発揮するのが、ケータイを使った予約システムです。 「ケータイ予約」は、いつでもどこからでも予約ができるため、サイトの利便性は飛躍的に向上します。 「実店舗へのマーケティングプラン」は、この「ケータイ予約」ができる機能を標準装備しています。 顧客サービスアップに有効活用してください。

いまひとつ、「お問い合わせ」に対するサポート体制も、サービスの差別化につながる大切な要素です。 サイトには24時間365日、いつ問い合わせがあるかわかりませんが、 実店舗の多くは営業時間というものがありますし定休日もあります。

実店舗の営業時間外や定休日の問い合わせ、あるいは予約については、 お客様がどう対処されたら良いかをサイト上に明記しておきましょう。 できれば時間外専用電話でのサポート体制を構築されることをお勧めします。 これによってお客様は、実店舗に対して信頼感と安心感を持たれます。