ケータイサイト制作 ASP と 販売をサポートする 業務用 QR 接続サービス ケータイサイト[制作と販売]をサポートするベンダー(代理店)様専用に特化したシステムです。
利用規約
明光舎オフセット株式会社(以下「甲」という)は、 「業務用QR接続サービス」(以下「本サービス」という)の提供にあたり、 「業務用QR接続サービス利用規約」(以下「本規約」という)を以下の通り規定します。 ベンダー(以下「乙」という)及びベンダーの提供先であるクライアント(以下「丙」という)は本規約を理解し、 同意したうえで本サービスの利用申込みをしたものとします。
第1項:総則
1 .本サービスは、甲が指定するサーバ上で稼動させ、乙および丙に利用させるサービスを総称したものとする。
2.乙および丙は、利用料金等の支払い等、本規約に定める一切の義務を誠実に履行するものとする。

第2項:規約の適用
本規約は、乙が本サービスを利用する際の甲と乙および丙との間の一切の関係に適用されるものとする。

第3項:規約の変更
1.甲は、乙および丙の承諾を得ることなく、必要に応じて本規約を追加・変更することができるものとする。
2.変更・改訂後の本規約も、甲と乙および丙との間の一切の関係に適用されるものとする。
3.追加・変更後の本規約については、甲が適当と認める方法により乙に周知した時点をもって効力を発するものとする。

第4項:サービスの内容
1.乙および丙は、本サービスはインターネット及び携帯電話の利用環境によっては、 利用できないことがあることを了承するものとする。ログイン後、甲のウェブサイト上に本サービスの利用システム条件など、 基本的な技術事項等を確認することが明示してあるので、それらを参考にすること。 但し、乙および丙は、本項に規定する基本的技術事項等は、本サービス利用の最低限の条件を明示したにすぎず、 本サービスの動作環境等を保証するものではないことを了承するものとする。
2.本サービス内容の追加・変更等は甲が必要と判断した場合、 乙および丙の不利益にならない限り乙および丙の事前の承諾なしに行うことができるものとする。
3.契約成立後のサービスの追加・変更等には、所定の料金が必要となるものとする。

第5項:ベンダー(代理店)
1.本規約におけるベンダー(代理店)とは、法人・個人を問わず甲の定める方法によって本サービスの利用を申込み、 これを甲が承認した者とする。
2.甲は、ベンダーの資格・条件等を別途定めるものとする。

第6項:承認・不承認
1.甲は、別途定める方法でベンダーの申込みを受け付け、登録に必要な審査・手続きを行うものとする。
2.甲は、ベンダー申込者が以下のいずれかに該当することが明らかになった場合、 その者の申込みを承認しないか、または承認を取り消すことができるものとする。
(1)申込者が実在しない場合。
(2)申込者がベンダー資格・条件に該当しない場合。
(3)申込時の申告事項に虚偽、誤記、または記入漏れがあった場合。
(4)申込者が過去に本規約の違反等で処分を受けたことがある場合、 または過去に甲が提供する各種サービスの利用料金等の支払いを遅滞したことがある場合。
(5)甲の業務の遂行上、または技術上支障がある場合。

第7項:サービス利用の申込及び利用料金等の支払い方法
1.本サービスの利用申込は、甲が別途定める方法によって申込むものとする。
2.乙は、乙が保有する権利の行使にあたり、 甲が別途定める利用料金及びこれにかかる消費税相当額(以下「利用料金等」という)を、甲に支払うものとする。
3.乙は、甲が定める期日までに甲が定める方法により、甲が指定する金融機関において利用料金等を支払うものとする。
4.利用料金等の支払いに必要な振込手数料等の費用は、全て乙の負担とする。
5.乙が甲に支払った利用料金等は、理由の如何を問わず返還されないものとする。
6.甲は、乙の事前の承諾なく本サービスの利用料金等を改訂できるものとする。 但し、すでに申込受付済みの契約分については、利用料金等の改訂による追加料金の徴収はないものとする


第8項:設備等
1.乙および丙が本サービスを利用する場合は、インターネットにアクセスする必要があり、そのために必要な通信機器、ソフトウェア、通信手段、その他これらに付随して必要となる全ての機器等は、乙および丙自身の責任と費用で用意し、それらを適切に設置、操作するものとする。 甲は、乙および丙がインターネットにアクセスするための準備、方法等については一切関与しないものとする。
2.本サービスの利用に際し発生した、電話会社または各種接続業者より請求される接続に関する費用は、 乙および丙が自己責任において管理するものとし、甲はいかなる保証も行わないものとする。

第9項:利用期間及び契約の更新
1.乙のベンダー契約は、乙の開拓したクライアントである丙に本サービスを提供している間は、 代理店登録の解除を申し出ることができないものとする。
2.ベンダー契約は1年単位とし、乙は契約の度に1年分の利用料金を一括前払いにて支払うものとする。
3.ベンダー契約は、甲が乙に対して乙専用のサーバ領域の設定が完了した旨(利用料金等の入金確認が完了した旨)を 通知した日を起点とする1年間とする。
4.ベンダー契約終了期限の30日前までに、乙が甲に対し書面により解約の意思表示を通知しなかった場合は、 さらに1年間の契約期間が自動的に延長されるものとする。 その場合乙は、契約終了期限までに甲から請求のあった利用料金等を甲に支払うものとする。

第10項:サービスの解約
1.乙がベンダー契約を中止する場合は、甲に対し契約終了期限の30日前までに、書面による解約の通知を要するものとする。
2.上記1による本サービスの解約は、契約終了期限をもって解約日とする。
3.本サービス利用の有効期限は当該契約期間中のみであり、解約後は本サービスを一切利用できないものとする。

第11項:契約期間中の解約
乙は、契約期間中に本サービスを解約した場合、すでに乙が甲に支払った利用料金等は一切返還されないことを了承するものとする。

第12項:禁止事項
本サービスの利用にあたり、乙が以下の行為を行うことを禁止する。甲がこれら各号に該当すると判断した場合、 甲は当該乙の本サービスの利用を一時的に停止し、当該乙に通知の上、掲載された情報を削除することができるものとする。

1.他人の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為。
2.他者のプライバシー、肖像権、財産等を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為。
3.虚偽の情報を提供するなどして、他者に不利益をもたらす行為。
4.他者を差別もしくは誹謗中傷し、他者の信用もしくは名誉を毀損する行為。
5.無限連鎖講(ネズミ講)及びマルチ商法に関する行為。
6.選挙の事前運動ならびに選挙運動、またはこれらに類似する行為、及び公職選挙法に抵触する行為。
7.他者になりすまして本サービスを利用する行為。または虚偽ならびに誇張と判断される行為。
8.故意、過失を問わず法令ならびに公序良俗に違反する行為、または違反する恐れのある行為。
9.日本通信販売協会が定める広告に関する自主基準に違反する行為。
10.本人の同意を得ることなく、または詐欺的手段によって他者の個人情報を収集、蓄積する行為。
11.未成年者に対して、アダルトコンテンツを掲示・販売する行為、またはこれらに準ずる行為。
12.男女の裸体画像を掲示すること(修正の有無を問わない)。
13.暴力的なシーンを含んだ内容の画像、コンテンツを掲載すること。
14.日本国で禁止されているアダルトコンテンツ特に無修正画像・映像等の掲示・販売を行うこと。
15.日本国で禁止されているアダルトコンテンツ特に無修正画像・映像等に対してリンクを張ること。
16.日本国で使用を禁止されている医薬品・ドラッグ、麻薬、覚せい剤、またはそれに準ずる商品の販売を行うこと。
17.出会い系サイトを運営すること。
18.不特定多数のメールアドレスに対して広告メールを大量に送信(いわゆるスパム行為)する行為。
19. 短時間に大量のアクセスが集中すると思われる以下の行為
A.メールマガジンや広告メール等
B.先着順クーポン、懸賞等
C.マスメディアにおけるオープニング時間の指定等
D.マスメディアを利用した抽選、ポイントシステム、バーゲンなどのプレミアム及びディスカウント付きの宣伝等
E.有名タレントやスポーツ選手、政治家などの著名人を起用した宣伝等
F.マスメディアを利用したメディアミックス型の新製品やイベント発表等
G.その他、甲が短時間に大量のアクセスが集中すると判断した行為
20.第13項より利用資格の取り消された契約者、または関係者による再登録
21.甲の業務の運営を妨害し、信用を毀損する行為。
22.甲の財産を侵害する行為、または他者もしくは甲に不利益を与える行為。
23.その他、日本国の法律に反する行為。

第13項:利用資格の取り消し
1.甲は、乙が以下の各号に該当すると判断した場合、当該乙に通知することなく契約を解除することができるものとする。 その場合甲は、当該乙がすでに支払った利用料金等は一切返還しないものとする。 また乙は、それらの事由の発生により甲が被った一切の損害賠償の責を負うものとする。

(1)乙の登録情報に虚偽の申告があった場合。
(2)利用料金等の支払い遅滞及び支払い拒否があった場合。
(3)第13項の各号に該当する禁止事項を行った場合。
(4)その他、甲が甲と乙の信頼関係が毀損したと判断した場合。

2.甲は、利用資格を取り消された乙が、取り消された以前以後に関わらず第三者に何らかの被害を与えたことが明らかになった場合、 他の第三者が新たな被害に遭うことを防止するため、甲が適当と認める方法で当該乙および丙の名前を公表することができるものとする。

第14項:ID及びパスワードの管理
1.乙は、自己が保有するID及びパスワード(以下「ID等」という)の使用及び管理について一切の責任を負うものとし、 ID等を利用して行われた行為の責任は、当該ID等を保有している乙の責任とみなすものとする。
2.甲は、乙が自己のID等を他者に譲渡あるいは名義変更、売買、質入れ等をすることを許諾しないものとする。
3.甲は、ID等の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって乙が被った損害については、 故意過失の有無にかかわらず一切その責任を負わないものとする。
4.乙は、自己のID等を失念した場合、あるいは他者に盗まれたり許可なく使用された場合、 または他人に漏洩してしまった場合は、 直ちに甲に連絡するものとし、甲からの指示がある場合にはこれに従うものとする。

第15項:システムの運用管理
1.甲は、システム設備の保守ならびに工事や回線・機器の障害等の事由で、 システムの運用を中断または停止する場合、緊急時には乙に対してこれらの通知は省略できるものとする。
2.上記1の事由により、甲の提供するサービスに遅延または中断が発生しても、甲は一切の責任を負わないものとする。

第16項:サービスの中断・停止等
1.甲は以下に該当する場合は、乙および丙に事前に通知することなく、いつでも本サービス内容の一部または全部を、 一時的に中断または停止することができるものとする。

(1)甲のネットワークシステム等の保守及び更新を、定期的または緊急に行う場合。
(2)火災、停電等により本サービスの提供が出来なくなった場合、または本サービスの提供が困難になった場合。
(3)地震、噴火、洪水、台風、津波等の天災により本サービスの提供が出来なくなった場合、 または本サービスの提供が困難になった場合。
(4)戦争、動乱、暴動、騒乱等により本サービスの提供が出来なくなった場合、または本サービスの提供が困難になった場合。
(5)その他、不測の事態や不可抗力により、甲が本サービス提供の継続が困難と判断した場合。

2.前記1各号のいずれか、またはその他の事由により本サービス提供の遅延または中断等が発生したとしても、 これに起因する乙または第三者が被った損害について、甲は一切その責任を負わないものとする。

第17項:免責事項
1.甲は、本サービスの利用に関して、乙および丙または第三者が被った損害または損失については、 いかなる場合も一切の責任を負わないものとする。但し、甲の重大な過失により生じた本サービス上の不具合については、 当該本サービス利用期間の利用料金等の範囲内で責を負うものとする。
2.乙は、乙および丙が本サービスを利用することにより第三者に対して損害を与えた場合、 自己の責任により解決するものとし、甲はその一切の責任を負わないものとする。

第18項:通知または連絡
甲が乙への通知または連絡が必要であると判断した場合には、電話及び電子メールまたは郵便を用いて行うものとする。 乙が甲に対し連絡が必要であると判断した場合には、該当する窓口宛てに電話及び電子メールまたは郵便を用いて連絡を行うものとする。 甲は、原則として来訪による連絡は受け付けないものとする。

第19項:申込事項の変更
乙は、甲への申込事項に変更が生じた場合、速やかに通知を行うものとする。乙からの変更通知がないために、 甲からの通知または送付書類その他のものが遅着、または到着しなかった場合、甲はその責任を負わないものとする。

第20項:利用規約の発効
本規約は、甲が乙からの本サービス利用申込みを受理した日から効力を生じるものとする。

第21項:プライバシーについて
甲は、プライバシーの保護に最大限の注意を払うものとし、乙の個人情報及び甲が取得した乙に関する情報(以下「個人情報」という)は、 本サービスを円滑に提供するために利用するものであり、当該乙に事前の承諾なくこれらを第三者に開示・提供しないものとする。

第22項:個人情報の使用・開示
1.乙および丙は、甲が収集した個人情報は、 甲のサービス提供及びサービス向上のための資料として使用されることがあることを了承するものとする。 何らかの事情で個人情報を第三者に提供する必要がある場合でも、当該乙の事前の承諾なしに、 第三者に対し個人情報を開示することはないものとする。
2.乙および丙は、法令に基づく正式の照会や請求を受けた場合、 あるいは甲の権利や財産、サービス等を保護する必要があると認められる場合は、 甲が乙および丙の個人情報を開示することがあることを、あらかじめ了承するものとする。
3.乙および丙は、甲が乙および丙の個人情報を本人が特定できない形で統計的に処理し、 公開する場合があることを、あらかじめ了承するものとする。

第23項:知的財産権
1.乙および丙は、本サービスで提供されるアプリケーションを本規約に基づき利用することができるのみであり、 本サービスで利用するアプリケーションについて、著作権その他一切の権利を有するものではないものとする。
2.本サービスに関する著作権その他の知的財産権は、甲及びコンテンツ提供者が所有するものであり、 乙及び丙は許可なく第三者への開示、再利用、複製、頒布、譲渡、貸与、売買等を行うことはできないものとする。
3.本サービスに関するソフトウェア、商標、ロゴマーク、マニュアル等の著作権その他の知的財産権は、 甲及びコンテンツ提供者に帰属するものであり、乙は許可なく第三者への開示、再利用、複製、頒布、譲渡、貸与、 売買等を行うことはできないものとする。
4.上記各号に違反する行為により、甲及びコンテンツ制作者が損害を被った場合は、 甲及びコンテンツ制作者は当該乙および丙に損害賠償を請求することができるものとする。

第24項:その他
本サービスに関して定めていない事項及び疑義が生じた場合、当事者は信義誠実の原則に従って協議するものとする。

第25項:合意管轄
乙と甲の間で訴訟の必要が生じた場合には、甲の本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の管轄裁判所とすることに同意するものとする。

第26項:準拠法
本規約に関する準拠法は、日本法とする。

第27項:附則
本規約は2006年6月1日から実施します。

本規約改定日 2006年8月28日
本規約改定日 2006年8月30日
明光舎オフセット株式会社
Home- 特定商取引に基づく表記- 個人情報保護方針- プライバシー保護について- 利用規約- お問い合わせ- 会社概要- サイトマップ